バストアップ ストレス

ストレスがバストアップの妨げ

ストレスがバストアップの妨げになるというのには、2つの理由があります。

・血行が悪くなる
・自律神経が乱れる

まず、血行が悪くなるについてですが、ストレス(完全になくすというのはなかなか難しいでしょう)がたまると体が常に緊張状態になってしまい、血の巡りが悪くなるようです。

血行が悪いということは、バストが成長するのに必要な栄養素が十分に届けられないということですから、どんなにバストアップにいいものを摂っても、効果が実感できないでしょう。

また、(全くないというのも逆に健康にはよくないそうです)が自律神経(自分の意思で意識してどうにかすることは難しいといわれています)を乱してしまうというのもよく言われていて、これが酷くなってしまうと自律神経失調症(脳の疲労やストレス、生活習慣、ホルモンバランスの乱れなどが原因だといわれています)になってしまう恐れってあると思います。

そこまでひどくならなくても、自律神経(交感神経系と副交感神経系で構成されているようです)が乱れると女性ホルモンの分泌も低下してしまって、バスト(グラビアアイドルなんかすごいですよね)が育たなくなるのです。

そのため、ストレス(過?に受け続けると、心身の健康を損なってしまう恐れがあります)を可能な限りためないようにする事がバストアップにつながります。

ストレス(過?に受け続けると、心身の健康を損なってしまう恐れがあります)解消のやり方は色々とありますが、血行を良くして自律神経を整えるためにも、毎日入浴(お風呂に入るだけでなく、水や水蒸気を浴びて体を清潔に保つことをいうようです)するのがオススメです。

好きな香りの入浴剤を入れたり、音楽をきいたり、読書をしながら半身浴するのもいいでしょう。

 

サイトマップ