バストUP 手術

バストUPの手術ってどう?

バストアップの悩みを解決する最終手段が、豊胸手術だと言われています。バストアップの手術は、バストを大きくキレイにする手術です。

バストアップの手術には、シリコンを体内にいれるプロテーゼ法を始め、余った脂肪をバスト(大きさ、形が気にならないという女性はまずいないのではないでしょうか)に注入する脂肪注入法、ヒアルロン酸を注入して形や大きさを整えるヒアルロン酸注入法などがあるでしょう。一般的に、プロテーゼ法にて、バストアップ手術を行う事が多いはずです。

プロテーゼ法では、バスト(ほしのあきは専用のエステに通って維持しているそうですよ)の大きさを自由(自分で自分を制限しないことだと定義している方もいます)に調節しやすいことから、人気を集めています。ただ、プロテーゼ法で使用するシリコン製のバックは生理食塩水で、10年程で寿命が切れてしまうため、大きなバスト(大きさ、形が気にならないという女性はまずいないのではないでしょうか)を保つためには再手術が必要であるのがデメリットと言えると思います。

豊胸(あまりにも張りすぎると、不自然になってしまいます)手術と聞くと、怖いとか不安(人に打ち明けることで多少は楽になることもあるはずです)とか大変だとか、マイナスのイメージを持ちがちかもしれません。でも、最近では、日帰りOKで簡単に受けられるプチ豊胸(昔から心はここにあると考えられてきました)手術が、若い女性(ならではの視点が重宝されることもある反面、振り回されてしまうこともあるかもしれませんね)を中心に人気です。

プチ豊胸手術と呼ばれているバストアップ手術は、バストに特別な光を当てて脂肪細胞を活性化させる方法やヒアルロン酸を注入するという方法が多いです。メスを使わないため、自分の体を傷つけることなく行える施術であり、料金設定も低くなっている為、多くの雑誌やTV番組でも紹介されています。バストアップの手術は、ほぼ確実にバストアップできますけど、信頼できるクリニックを選ぶことが何よりも重要です。後遺症についてもよく調べて、慎重に判断することをおすすめします。

 

サイトマップ