バストアップ 食べ物

バストアップにいい食べ物

バストアップにいい食べ物(何をいつ、どうやって食べるかが大切ですね。お腹に入れれば同じというわけにはいかないでしょう)を三つご説明します。

・大豆製品
・乳製品
・キャベツ

この三つです。

一つ目の大豆製品(納豆がダメなんて人も少なくないですね。最近ではニオイを抑えた納豆も人気です)は、バストアップ(サプリメントや栄養素などを効果的に取り入れるといいでしょう)にいいと殆どの方がご存知ではないでしょうか?

大豆製品(豆腐、油揚げ、豆乳、味噌、どれも体にいいイメージがありますね。ただ、食べ過ぎると良くないという説もあるようです)には、大豆イソフラボンを含んでいます。この大豆イソフラボンは、女性ホルモンに似た働きをするので、女性ホルモンが活性化されて、バストアップに繋がります。

二つめの乳製品は、たんぱく質が豊富に含まれており、タンパク質(体の20%を構成しており、不足すると基礎代謝が低下しますし、体調に不具合が生じるでしょう)は筋肉を作り、女性ホルモンを活性化させてくれます。

乳製品の中にも、ヨーグルトは、タンパク質(筋肉を作ったり、体の構成するのになくてはならない栄養素です)やビタミン、カルシウムが豊富に含まれているので、オススメでしょう。

三つ目のキャベツは、ボロンという成分がふくまれており、女性ホルモン(月経周期によって、分泌量が変化します。基礎体温を測ることで、その周期を知ることができるでしょう)を活性化させてくれるでしょう。ボロンは、キャベツだけでなく、ぶどうや梨、海藻にも含まれています。

これらの食べ物(食べないと生きていけないわけですが、食べ過ぎると健康を損なってしまいます)を摂取すると、バストアップすることができます。しかし、これらの食べ物(食べないと生きていけないわけですが、食べ過ぎると健康を損なってしまいます)は摂取し過ぎるとよくありませんので、適たびに摂取するようにしましょう。

バストアップできる食べ物

バストアップ(バストにはコンプレックスを抱く女性が多いものです)できる食べ物には、どんなものがあるのでしょうか?

バストアップ効果が期待できる食材として最も有名なのは、大豆製品(伝統的な和食には欠かせないでしょう。醤油、味噌、豆腐、どれも和食には必要不可欠です)でしょう。大豆には植物性エストロゲン(分泌量が減ることで、更年期障害が起こるといわれています)であるイソフラボンが含まれているため、バストアップにつながるだといえますね。

同じくバストアップ(大きなサイズのバストを好む男性が多いのは本能なのでしょうか)に良いとされるタンパク質も摂れますし、低カロリーでバリエーション豊富なのが嬉しいです。

大豆、豆腐、納豆(平安時代にはすでにあったといわれていて、名前の由来は精進料理で寺院の倉庫である納所で作られていたからという説が有力です)、油揚げ、厚揚げ、枝豆、豆乳などがありますから、飽きる事なく摂り続けることが出来るはずです。また、鶏肉や乳製品なども動物性タンパク質を摂取できるので、バストアップ(以前は効果がほとんどないインチキなバストアップグッズも多かったものですが、最近ではそれなりに効果が期待できるものが増えてきたみたいですね)にいいとされていますね。

それに、生キャベツを食べると、ボロン(ホウ素の一種で、キャベツに多く含まれており、エストロゲンの分泌を促進するとされています)という成分がエストロゲンの分泌を促進してくれると呼んでいます。

でも、いくらバストアップによいとはいっても、大豆製品しか食べないとか、鶏肉だけ食べ続けるといった食生活をしていたら、かえって育乳の妨げになってしまうでしょう。バストアップのためには、栄養良いバランスで色々な食べ物(食べないと生きていけないわけですが、食べ過ぎると健康を損なってしまいます)を食べるという事が大切です。

 

サイトマップ